A-Z Lyrics Database
梧簡 » # » ゆず 梧簡 » しんしん 梧簡

しんしん梧簡 - ゆず

忖悶寄弌:   斤醜:
  • 恬~艮唄啼畔
  • 恬爆艮唄啼畔
  • 瞬はイルミネ`ション 高xく弊順
  • 宥り^ぎて佩くのは
  • はしゃいでたあの晩のW吉
  • 肇定の書なら繁襖をかき蛍けて
  • 屈繁で冥しiいた
  • 易い寄きなクリスマスツリ`
  • 恠り竃したに\って
  • 埴はこの瞬を肇っていった
  • そして火されていったのは
  • Wとこの瞬の尚弼
  • しんしんと週り竃した僣が
  • Wらの房い竃を淫みzんでゆく
  • さようなら 埴と竃穴って
  • 繁を曚垢訖爐靴気鰆りました´
  • キャンドルにそっと菊した
  • しいあの菊りは
  • もう屈業と泣ける並など
  • 竃栖るはずはないけれど
  • 絶たい寔喬のLが
  • ビルのg宥りiけてゆく
  • すれ`う住餓泣が楳に笋錣
  • 埴のいない祇をiいてゆく
  • 玲鯛ちるTれない僣が
  • Wらの瞬に週りeもってゆく
  • まだえない祐みをLして
  • 笋錣辰討この瞬で伏きて佩くから
  • 匐わなかった瑤
  • わかんなかった埴の節
  • その畠てを高と唹
  • 腎にえてゆく
  • しんしんと週り竃した僣が
  • Wらの房い竃を淫みzんでゆく
  • さようなら 埴と竃穴って
  • 繁を曚垢訖爐靴気鰆りました´
  • さようなら 埴と竃穴って
  • 繁を曚垢訖爐靴気 浪びを岑りました
  • おわり


  • 俐個梧簡


    委ゆず議しんしん梧簡薮欺何鯛鯉。

    ゆず議恷仟梧簡
    ゆずしんしん梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2018 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓ゆず しんしん梧簡