A-Z Lyrics Database
梧簡 » D » 寄鰈臣峺茣 » たしかなことVOICE〜VOICE Vol.2弌弥才屎梧簡

たしかなことVOICE〜VOICE Vol.2弌弥才屎梧簡 - 寄鰈臣

忖悶寄弌:   斤醜:
  • 嚏貧がりの腎をていた
  • 宥り^ぎてゆく繁の嶄で
  • 挨しみは~えないから
  • 弌さな侑せに 櫃鼎ないんだろう
  • rを埆えて埴を曚擦襪
  • ほんとうに埴を便れるか
  • 腎をて深えてた
  • 埴のために 書採ができるか
  • 梨れないで どんなrも
  • きっとそばにいるから
  • そのためにWらは この侭で
  • 揖じLに患かれて 揖じrを伏きてるんだ
  • 寄鰈臣-たしかなことVOICE〜VOICE Vol.2弌弥才屎
  • ~爆歳〔鏈葉
  • 徭蛍のこと寄俳にして
  • lかのこと そっと襪Δ澆燭い
  • 俳ないとき ひとりでいないで
  • hく hくxれていかないで
  • 夘うより佚じていたい
  • たとえ伉のはえなくても
  • なくしたもの冥しにいこう
  • いつか いつの晩かつかるはず
  • いちばん寄俳なことは
  • 蒙eなことではなく
  • ありふれた晩?の嶄で 埴を
  • 書の欒屬舛里洫fで つめていること
  • 埴にまだ 冱~にして
  • 擦┐討覆い海箸あるんだ
  • それは ずっと竃氏った晩から
  • 埴を曚靴討い襪箸いΔ海
  • 埴は腎をてるか
  • Lの咄をいてるか
  • もう屈業とこfへはれない
  • でもそれを挨しいと Qして房わないで
  • どんなrも きっとそばにいるから


  • 俐個梧簡


    委寄鰈臣峙弔燭靴なことVOICE〜VOICE Vol.2弌弥才屎梧簡薮欺何鯛鯉。

    寄鰈臣峙鍔醫存茣
    寄鰈臣屬燭靴なことVOICE〜VOICE Vol.2弌弥才屎梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2021 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓寄鰈臣 たしかなことVOICE〜VOICE Vol.2弌弥才屎梧簡