A-Z Lyrics Database
梧簡 » F » 慧惜儘宮梧簡 » 嚼1/2梧簡

嚼1/2梧簡 - 慧惜儘宮

忖悶寄弌:   斤醜:
  • なつかしい 腎靖めて
  • 埴の並襪こしていたよ
  • さえ 需れない屈繁は
  • 伉たしかめ栽う
  • 突だけをずっと需ててくれた それすら
  • 需払って 徭蛍覆返だった突は???
  • 仝いつも笋錣蕕覆ぁ后,修ρ圓辰
  • 埴と峺俳りをした
  • けど宣れてから 埴の並を便れずに
  • ずっと毛げてばかりの突に挫きになる
  • 彿鯉があるの拭―未┐???
  • 巷坩のベンチに崔いた
  • 屈繁だけの蜘畜の鯛慕き
  • 扮旗┐箸が狛ぎ 書でも佩く業
  • あの矧襪こす
  • 豊にでも堝えない狛肇がある 埴なら
  • そんな狛肇も丶い敬ばしてくれるから???
  • あの瞬にりたい 「りたい
  • まだ埴には穴いづらい
  • 俟嫖ってれるその晩まで 棋っててよ
  • もう日かせたりはしないから
  • いつか 埴に恬った濛を鮒うよ!!
  • 日いたら 丶ってよ
  • 櫃泙阿譴幣が挫き
  • 駅ず その伉 哭えにゆくよ
  • あの瞬へ梨れた 寄俳な
  • 突の寄俳な繁
  • 書すぐかけつけたい
  • 宇きしめたい 埴だけを
  • これからも痴った扮には
  • どうか 突に單しさを
  • そっと????。 孚らして????。


  • 俐個梧簡


    委慧惜儘宮議嚼1/2梧簡薮欺何鯛鯉。

    慧惜儘宮議恷仟梧簡
    慧惜儘宮嚼1/2梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2022 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓慧惜儘宮 嚼1/2梧簡