A-Z Lyrics Database
梧簡 » S » 眉乢櫓歪 IN db梧簡 » 僣どけのあの寒の送れのように梧簡

僣どけのあの寒の送れのように梧簡 - 眉乢櫓歪 IN db

忖悶寄弌:   斤醜:
  • 僣どけのあの寒の送れのように
  • 恬~哉乢櫓歪
  • 恬爆哉乢櫓歪
  • 處蟹哉乢櫓歪 IN db
  • 眉乢櫓歪 IN db-僣どけのあの寒の送れのように
  • 埴の何塁にいると
  • 絶たい翌の嚏が週ることにさえ櫃鼎もしない
  • 埴のそばにいると
  • 音芦やみも匯r議に梨れてしまう
  • 橿と\に半まった 盾けないiだらけの晩?も
  • あるがままの伉で羨ち鬚いたいよ
  • 僣どけのあの寒の送れのように
  • _かな麗もなく Fgに附をゆだねて
  • さすらう酢れ~のように 葡みそうで検かんでいる
  • つめる埴參翌はすべて 音_かな麗ばかりだね
  • 埴といるときだけは
  • いつだってありのままの徭蛍でいられる
  • 埴をつめていると
  • 丑しいくらい曚靴気こみあげてくる
  • あとどれくらい匯wにいられるのか´なんて
  • どうしようもなくブル`な欒屬舛砲覆
  • あっというgに^ぎていくrg いつも屈繁で
  • rにはすれ`うこともつけることもあるけど
  • とどまることのない欒屬繊》罎置韻鮎へ鬚ってる
  • 伉`る搾いもやがて這れるだろう
  • 週り廣ぐ敢の 弊順はキラキラキラ連づいてる
  • どんなWでも倦協せずに埴は鞭け秘れてくれる
  • もう麿には採もいらない 埴がそばにいるだけで


  • 俐個梧簡


    委眉乢櫓歪 IN db議僣どけのあの寒の送れのように梧簡薮欺何鯛鯉。

    眉乢櫓歪 IN db議恷仟梧簡
    眉乢櫓歪 IN db僣どけのあの寒の送れのように梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2019 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓眉乢櫓歪 IN db 僣どけのあの寒の送れのように梧簡