A-Z Lyrics Database
梧簡 » S » 防たか徨梧簡 » 苧かりの菊る圭へ梧簡

苧かりの菊る圭へ梧簡 - 防たか徨

忖悶寄弌:   斤醜:
  • 恬簡坤好マスイッチ
  • 恬爆坤好マスイッチ
  • 園爆些L鑼飜隻
  • バスはゆらりeれながら匚の瞬を竃る
  • 弖われるようにwび\ったままで
  • 岑らない侭へとひた恠る
  • の鬚海Δ両杏をただ弖っていくだけ
  • 崔いて栖た埴を房い竃さぬよう
  • 匚の甑を朕でなぞる
  • 書やWの佩く挑はこの祇だけが岑っている
  • 返のQる圭へとiく徨工のように
  • 高Tう圭へ ひたすら恠るのさ
  • 佩き彭く枠には採かが棋つはずさ
  • WがWでいられるように峭まらないで
  • 旗わり啌えのない晩?をただRり卦してた
  • m輝にhいてm輝にして
  • 埴は書採をしてるかなぁ
  • くだらなく丶えたらそれこそが侑せ
  • そうか、いつも笋錣蕕覆どがずっと
  • いているなら
  • 苧かり菊る圭へ 埴が棋つ瞬へと
  • 書すぐにwび竃してこのまま哈き卦すんだ
  • 埴に氏えたらまずなんて冱おうかな
  • そうさ|かり菊る圭へひたすら鬚うのさ
  • たどり彭いた枠には丶が棋っているから
  • WがWでいられるのはそこしかない


  • 俐個梧簡


    委防たか徨議苧かりの菊る圭へ梧簡薮欺何鯛鯉。

    防たか徨議恷仟梧簡
    防たか徨苧かりの菊る圭へ梧簡侭嗤梧簡井幡歓奉恬宀梧返式蟹頭巷望侭嗤旺峪喘噐掲斌匍喘余歌深。
    Copyright © 2009-2021 Azlyricdb.com. All Rights Reserved | 何鯛鯉
    艇屎壓嗄誓防たか徨 苧かりの菊る圭へ梧簡